うつチェックをして早期発見を|心に寄り添う方法を知ることができる

身体に出てくる症状

紳士

何らかの出来事でうつ病を発症した場合、心と身体の両面に数々の症状が出始めます。これには、睡眠障害や食欲不振、過食、倦怠感、頭痛等が挙げられますが治療をせずに放置すると、治りが悪くなってしまいます。そうならないためにもチェックを自ら行い、うつ病の疑いがあるかどうかを知る必要があります。また、記憶力の低下や気分が激しく落ち込んでいる様子は誰がみてもおかしいと感じるものです。この時点で精神科へ足を運ぶものですがうつ病を疑わず内科を受診する傾向もあり、詳しい検査をしても異常が見つからなかったことが多くなります。結局精神科を受診して、チェックをした結果うつ病を発症していたことを知ることもあります。精神疾患に分類されるうつ病は、身体に出てくるサインから気づくことができる症状がいくつかありますから知識として取り入れておきましょう。

病院のチェック項目によくある睡眠障害は、うつ病によくみられる症状の一つでほとんどが何かしらの原因を抱えているものです。例えば、仕事のプレゼンや発表会の緊張で眠れなかったり、考え事をしていたりなどこれらの理由で眠れなくなることがあります。しかし、うつ病の場合は心当たりがないのに眠れないことが多くそれがきっかけで発症していることを知ります。医師がチェックの時に参考にするものは中途覚醒と入眠困難や不眠症、過剰睡眠等があります。眠れないことや途中で目が覚めてしまう症状を訴えた場合の診断材料になるため、睡眠に関する質問は必ず行われます。中途覚醒においては、長く睡眠を取ることが難しくなり、仕事中も睡眠不足で集中力が切れてしまう厄介な症状です。入眠困難に至っては寝付くのが遅かったり不眠による苦痛がやってきたりと様々です。過剰睡眠は、睡眠を十分とっているのにまだ眠いといった状態で最悪、仕事や学業にも悪い影響を及ぼします。このような睡眠障害は、医師の細かいチェックで判断することができ、個人に合った治療法を提案する時の助けになります。

身体に出てくる症状に食欲不振や過食があります。食欲不振もうつ病特有の症状で、患者の多くが何を食べても美味しいと感じず苦しんでいます。また、食事を拒み続けることで身体も細くなりますから健康面でも悪い影響を与えるでしょう。一方、食べても食欲が満たされないのもうつ病によくある症状の一つで、限界を超えるまで食べ続けるのが特徴です。体重が急激に増えるので、生活習慣病のリスクがかなり上がるでしょう。このチェックでは、どのうつタイプが発症しやすいのかがわかるようになっており、特に冬季うつと比定型うつは過食になりやすいというデータもでています。他には強い倦怠感や疲労感、血行障害もうつ病によくある症状で、先に上げた倦怠感に関しては十分な休息をしないと悪化するばかりです。また倦怠感と疲労感は時間によって症状の強さが違うあたりもデメリットでしょう。起床した時が調子の悪さもピークに達しますが、少しずつ回復するとうつ病を真っ先に疑うべきです。