うつチェックをして早期発見を|心に寄り添う方法を知ることができる

タイプがある

看護師

大うつ病は、現在大うつ病性障害という名で世間に広まっており、仕事や生活、人間関係といったストレスで発症する病を言います。抗うつとは、気分が激しく落ち込み幸せを感じられなくなることを指し、物事においても意欲的になれないのが最大の特徴でしょう。心の症状だけではなく、大うつはだるさを常に感じており、夜も目がさえて十分な睡眠をとることができません。医師のチェックでは、これらの症状を元に精神障害とマニュアルを参考に行なっていきますが、チェックが多くつくとうつ病と診断することができます。ここでいう診断は、喪失感と食欲不振、睡眠障害、過剰な自信喪失等が挙げられこれらの状態が二週間続くと大うつ病と断定することができます。ただ、うつ症状が出ているにも関わらずチェックの時点で条件を満たしていない場合は軽いうつ状態と気分変調性障害に分類されることがあります。

近年若い人に増えている双極性うつ病は、気分が良い時とよくない日の差が激しいのが特徴です。気分がハイになっている時は、とても社交的で活動的な部分があるものの抗うつ状態だと気分の浮き沈みが波のように押し寄せてきます。元気な時はうつ病を発症していないと勘違いしますが、落ち込み方は大うつ病と特に差はありません。そのため、双極性うつ病だったとしても大うつ病と勘違いされることも少なくなく、診断を誤るケースも稀にあります。また双極性うつ病は、元気な時はパワフルなのでどうしても自覚症状が出づらくなります。病院でチェックをして診断を下されても本人は中々信じることができません。ですから双極性うつ病は治療が難しいといわれるのです。非定型うつ病も、大うつ病や双極性うつ病と同じようにとても増えている病の一つで、こちらもチェックをすれば診断を促すことができます。主に20代から30代の人になりやすく独特な症状が多いことから、他のうつ病よりも早期発見がしやすくなります。例えば大うつ病の場合、すべての事に関して興味をなくし自信を失うことが多いですが、非定型うつ病は興味のある事と楽しい事に関しては以前と同じように関わることができます。しかし、気分が極端に落ちると何もする気が起きなくなってしまいます。睡眠においては寝つきの悪さが目立つでしょう。中には過眠になることも少なくなく一日10時間眠ることもあります。大うつ病と違ってイライラすると注意力が散漫し、物事に手を付けるのが難しくなります。このような心理の時や日常でも甘いものを常に欲しがりイライラと不安が押し寄せてくると過食気味になります。これらの症状が出ている時はチェックをしてみて発症の有無を確認することができますから、早期発見をするためにも積極的に行動をしましょう。