うつチェックをして早期発見を|心に寄り添う方法を知ることができる

治療方法

ドクター

多様化するうつ病の治療は、日本でも薬物を中心としたものが一般化しています。ただ、薬物療法でも副作用の心配やリスクが考えられるため、近年は補助として他の治療法をミックスすることが普通になっています。一つ目はチェックを兼ねて行なうカウンセリングです。この時うつ状態や発症をした時の様子等を踏まえて患者から話を聞き、それに伴う治療法と薬の量を決定するものです。ただカウンセリングにおいては担当するカウンセラーの力量が関わってくるためそこが難点だと囁かれています。ただネットでは口コミの評判が良い心療内科や精神科が紹介されていますから、信頼出来るカウンセラーがいるかどうかの判断に使えるでしょう。とはいえ、薬の量を判断する事と正しい方法でのチェックを組み合わせることが何よりも大事になのでカウンセラー抜きで改善を目指すのは少々難しいでしょう。同じ心理アプローチとして、認知療法も最適な方法として根付いており、チェックでうつ病と診断された暁には有効な治療法を混ぜながら完治を目指すことができます。一方で、従来から使われている治療法の他に最新医療機器を使ったアプローチが盛んになっています。また、より正しいチェックと診断が出来るようにと新しい検査方法も開発段階ではありますがかなり注目されています。

一つ目は光を使った検査で、害が少ない近赤外光を頭皮の当てて、前頭葉と側頭葉にどちらに血流が集まるのかを測定します。チェックするのは血流のパターンがどれに当てはまるかです。うつ病の症状がでている血流パターンから合致するものがあると正確な判断が下せるのです。他にも、磁気の刺激で治療をする方法もあり前頭葉という限られた箇所にできる効率が良いやり方の一つになります。昔と違って電流もかなり弱くなり、頭痛がするといった身体的負担がほとんどなくなりました。これに伴い心療内科や精神科でも積極的に使用されるようになりうつ病患者の光となっています。ただ、まだ認知されていないので保険は適用されません。そのため実費になるのがネックでしょう。しかし効果は確実に出ると証明されていますからやって損をすることはまずありません。